平和行進

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 21:34

 平和行進、平和集会が暑い中行われました。

 

 実行委員会が益田市に申し入れし、市長・益田市議会から8月6日に広島で開催される原水爆禁止世界大会に飾られるペナントに署名を頂きました。

 

 8月6日早朝5時に益田を出発し、広島に向かいます。

 

小中学校の教室にエアコンを

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 01:53

 猛暑が続きます。赤旗の集金にまわっていますが、どこへ行っても「暑いね〜」の一言だらけです。

 

 新日本婦人の会の皆さんが、益田市は3年計画で小中学校の教室にエアコンを設置する予定になっていますが、この猛暑、一刻も早く設置はならないかと申し入れを行いました。

 

 副市長が対応。今年は3校の基本設計を行い来年度設置の方向である。早急に設置したいと思っているが今年度前倒しは困難である。とのことでした。

 設置をする場合、学校が長期休業中でないと無理です。春休み中に設置を求めましたが予算のこともありなかなか厳しいようです。

 

 益田市の場合、全校にエアコン設置した場合5億円の予算を見込んでいます。児童の健康、快適な環境のもとで学べるよう国は教室にエアコン設置する場合の特別枠の補助金を設けるべきです。

模擬議会体験

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 21:18

 東陽中学校3年生35名が議員、執行部にわかれて、委員会審査その後の本会議と模擬議会を体験しました。

 

 あらかじめ用意されたシナリオに基づいて大会議室で一般会計補正予算の審査、その後本会議場に移り採決と生徒の皆さんは初体験にドキドキ、また慣れない用語などにとまどったのではないでしょうか。

 

 模擬議会開催の目的は投票率の低さが問題となる中、選挙権が18歳に引き下げられたのを契機に、政治に関心を持ってもらいたい。との思いでこれまで数回取り組んできました。

 

 教育長がはじめのあいさつで、「政治とは私たちの暮らしをよりよくするためのものです。」と述べられたのに、私自身改めて身が引き締められました。

 

 中学生の皆さん、大切な1票を無駄にすることなく政治に関心を持ってください。

西日本豪雨災害

  • 2018.07.09 Monday
  • 12:01

 西日本を中心に降り続いた豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 死亡者が120名を超え、今なお行方不明者が86人との報道に大変心が痛みます。

 

 この度の豪雨で益田市には甚大な被害はありませんでした。しかし、雨がさらに降り続けば益田市も被害を受けた可能性がありました。他人ごとではありません。

 

 58年の山陰豪雨で私の実家も甚大な被害を受けた経験もあり、これからの復旧作業は猛暑の中大変な作業になります。二次被害の恐れもあります。国や自治体がしっかりと被災者支援に全力で取り組むべきときです。

 

手話言語条例

  • 2018.07.08 Sunday
  • 18:14

 益田市聴覚障害者協会主催で「手話言語条例学習会」が益田市福祉センターで開催されました。

 

 午前中、講師の講演が予定されていましたが豪雨のため来益することができず、午後からの意見交換会を午前に行うことになりました。

 

 3つのグループに分かれて各テーマを決め、そのテーマが起きる原因と解決方法を出し合うという取り組みでした。私たちのグループではろう者の方が職場で手話が広がらず孤独を感じていたという発表を聞き、その原因と問題解決を出し合いました。私は手話が難しいものと感じている方が多いのではと思っていました。やはりそういった意見が多かったです。

 また、私はろう者と聴こえる人が分断されているような気がしていました。小さい時からろう者と交流を持つことが必要ではないかという意見を出したところ、義務教育の一環で手話にふれることがあれば、という意見が出され、小さい時からろう者の世界を知ることが必要ではないかと思いました。

 

 手話言語条例の制定については今後、研究していく必要があるのではと考えています。

副市長選挙結果

  • 2018.03.25 Sunday
  • 12:47

 3月23日、前副市長・湊直樹氏の退任にともない、新たな副市長として市長から指名された元島根県職員・中島哲氏への市議会の同意を得るための投票が行われました。  

 

 この投票は無記名で行うことになっていましたが、和田昌展議員から「無記名投票では議員の賛否が市民に明らかにならない。市民に開かれた議会運営のためにも起立投票を行うべき」という主旨の動議が出され、私は動議に賛成しましたが、投票の結果、賛成少数だったため無記名投票で行われました。その結果、同意への賛成10票、反対10票の同数になり、弘中議長が同意しなかったため副市長人事は否決されました。  

 

 議会には、さまざまな人事案件が提案されますが、中でも副市長人事は重要な案件であり、これに同意しないということは、市長に対する不信任にも等しく、重く受け止めなければなりません。

 

 今回の副市長の同意を得るための投票で、私は賛成票を入れました。人事案件は予算や条例とは違い、判断が難しいものです。予算や条例は反対または賛成の客観的な理由を説明できますが、人事については「人」が人をどう評価するかという問題があるからです。    

 

 私はこれまでさまざまな人事案件に賛否を行ってきましたが、提案された人物に、例えばセクハラ、金銭問題など、反対するに足る相当な客観的理由がない限り賛成してきました。反対することはその「人」そのものの否定につながりかねません。今回提案された中島氏も、これまでと同様の判断で、同意に賛成しました。

松ヶ丘病院 きよら

  • 2018.02.23 Friday
  • 17:48

 高津に事務所があるため、近くの松ヶ丘病院の自立訓練施設「きよら」でお昼よくご飯を食べます。

 

 400円で飲み物付です。

 

 きよらは障がい者の方が、自立した生活を営むことができるよう必要な訓練を行う場となっています。

 

 食堂での接客や売店販売、松ヶ丘病院で使用しているタオル等のクリーニング、敷地内の清掃等、生活支援員の方と共におこなっています。

 

 きよらでの食事は、どなたでもOKです。接客もとても丁寧で、気持ちよく食事をすることができます。

 

 

 

 

 

憲法9条改憲反対 街頭演説

  • 2018.02.09 Friday
  • 18:02

 憲法9条改憲NO! 3000万人署名を訴える街頭演説を行いました。

 街頭演説を始めようとしたとき、元盲導犬のサーガと出会いました。大抵、街頭演説を始めると犬は吠えはじめ、演説どころではなくなるのですが、サーガは全く吠えませんでした。飼い主の方にお話を聞くと、盲導犬は10歳前後で盲導犬としての役目を終えるとのこと。その後ボランティアでサーガを引き取ったそうです。

 

 学校帰りの子どもたちもサーガと友達のようで一緒に遊んでいました。

 

 視覚障がいの方の生活を支えてきたサーガお疲れ様でした。

 

   ちゃんと演説も聞いてくれました。

 

 

就学援助2

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 09:15

就学援助 学校給食費 支給方法改善へ

 

 学校給食費の就学援助は、保護者がいったん3ヵ月ごとに立て替え、その4ヵ月後にまとめて保護者に支給されてきました。

 

 保護者の方から、「後から支給されることはわかっていても、立て替えている間の生活が苦しい。保護者が立て替えなくてもすむ自治体もあるそうですが、なんとかならないでしょうか」などの声が上がっていました。

 

 私は、この支給方法の改善も求めてきました。その結果、今年4月から保護者が立て替える必要のない方法に改善されることになりました。

就学援助

  • 2018.01.22 Monday
  • 08:37

就学援助 入学準備金の3月支給が実現

 

 これまで益田市の入学準備金は6月に支給されていました。しかし、保護者は遅くとも3月中には入学準備を済ませるのが現状なので、私はもっと早期の支給をこれまで何度も求めてきました。

 

 昨年の12月議会で補正予算が計上され、3月に支給されることになりました。(小学校入学準備金4万600円、総額426万円・中学校入学準備金4万7400円、総額426万円を計上)

 

 私は保護者に周知徹底することを求めました。その結果、入学案内をハガキから封書に変更し、就学援助の案内を同封することになりました。

 

 3月支給は大きな前進ですが、保護者が立て替えなくても済むよう、3月よりもさらに早期に支給することが今後求められます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM