副市長選挙結果

  • 2018.03.25 Sunday
  • 12:47

 3月23日、前副市長・湊直樹氏の退任にともない、新たな副市長として市長から指名された元島根県職員・中島哲氏への市議会の同意を得るための投票が行われました。  

 

 この投票は無記名で行うことになっていましたが、和田昌展議員から「無記名投票では議員の賛否が市民に明らかにならない。市民に開かれた議会運営のためにも起立投票を行うべき」という主旨の動議が出され、私は動議に賛成しましたが、投票の結果、賛成少数だったため無記名投票で行われました。その結果、同意への賛成10票、反対10票の同数になり、弘中議長が同意しなかったため副市長人事は否決されました。  

 

 議会には、さまざまな人事案件が提案されますが、中でも副市長人事は重要な案件であり、これに同意しないということは、市長に対する不信任にも等しく、重く受け止めなければなりません。

 

 今回の副市長の同意を得るための投票で、私は賛成票を入れました。人事案件は予算や条例とは違い、判断が難しいものです。予算や条例は反対または賛成の客観的な理由を説明できますが、人事については「人」が人をどう評価するかという問題があるからです。    

 

 私はこれまでさまざまな人事案件に賛否を行ってきましたが、提案された人物に、例えばセクハラ、金銭問題など、反対するに足る相当な客観的理由がない限り賛成してきました。反対することはその「人」そのものの否定につながりかねません。今回提案された中島氏も、これまでと同様の判断で、同意に賛成しました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM