政府交渉

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 21:47

 日本共産党島根県議員団の一員として、東京の参議院議員会館で政府交渉を行いました。議員団13名と亀谷優子大田市議予定候補、遠藤秀和県議団事務局長の合計15名が参加しました。また、多忙な中、仁比総平参議院議員、大平よしのぶ元衆議院議員も同席していただきました。

 

 交渉内容は、10省庁に48項目の多岐に渡る住民要求について15,16日の2日交渉しました。


 国民健康保険の拡充を求める交渉では「国保は加入者の相互扶助によって支えられている」という回答があり大変驚きました。私は国保は社会保障であって、相互扶助のような制度ではないこと、保険税の徴収が強権的に現場で行われていること、住民のいのちと暮らしを守るためには国庫補助の引き上げがどうしても必要だと訴えました。

 この他に、医師確保対策、子育て支援、駅舎のバリアフリー化等求める交渉を行いました。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM