年金削減中止・最低保障年金の実現など求める請願

  • 2014.11.08 Saturday
  • 10:22
9月定例議会

 年金者組合石西支部より提出されていた「年金削減中止・最低保障年金の実現など年金と暮らしを守ることを求める」請願の採択を求めて討論しましたが、賛成少数で不採択となりました。以下はその際討論内容です。

 請願第14号 年金削減中止・最低保障年金の実現など「年金と暮らしを守ること」を求める意見書の提出について採択すべき立場で討論いたします。
  夕方、スーパーの惣菜コーナーをグルグル回る高齢者の方を見かけませんか。惣菜の値札に割引のシールが張られるのを待っているのです。年金の引き下げは高齢者の生活を確実に圧迫しています。
 昨年10月から大幅に年金が削減されてきました。来年4月までに合計2.5%削減されようとしています。全日本年金者組合の試算によるとこのまま年金が削減された場合、益田市では年間56千万円の年金が削減されます。これには公務員の共済年金が含まれていません。年金収入のほとんどが消費にまわるので年金の削減は市の経済にも大きく影響を及ぼします。それに輪をかけるように消費税の増税です。だれもが高齢期に安心して暮らせるよう年金の削減は中止すべきとし討論といたします。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM