第三セクター (株)きのこハウス

  • 2018.09.03 Monday
  • 09:10

きのこハウス 代表取締役 交代

 

 8月17日に福祉環境常任委員会の調査会が開かれ、きのこハウスの代表取締役が交代する、益田市が所有する株式の内30株を新たな代表取締役に1株5640円(簿価)で売却する(1株額面10万円)、市から福祉環境部長を新たに取締役に就任させると口頭で報告がありました。

 

 また、経営立て直しについて2社から打診があり、円滑にまた、利用者の家族に安心して今後も経営が継続される点を重視し、協議の結果、1社に決定した。指名については8月23日の臨時株主総会を経ないと公表できないと説明がありました。議員から「指名を公表しないと議論にならない」「口頭での報告ではなく書面で説明をすべき」などの意見が続出し、休憩をはさんで氏名の公表と、螢献礇好謄スからの提案企画書が提出されました。突然の報告であり、市長が不在であることから再度調査会を開催することになりました。

 

新 代表取締役 山口育美氏に

 

 議会への事前説明もなく株の売却 取締役会で決定済み

 

 8月22日に福祉環境常任委員会の調査会が市長出席のもとで開かれました。そこで、株の売却は8月8日の取締役会ですでに承認済みと説明されました。

 議員から「急な変更ではなくしばらく様子を見てから、代表を交代してもよいのではないか」「市長は山口氏と会ったことがあるのか」などが質問され、市長は「お会いし、信頼に足る人物と思っている。提案企画書通りに改善が図られるとは思っていないが、現状よりはよくなる見通しであると考える」と答弁しました。

 

調査会に出席して

 

 これまで市は株の過半数を所有していました。地方自治法では、市が株の2分の1以上を所有する場合、事業年度ごとに経営状況を説明する書類を作成し、議会へ提出することを義務付けています。提出義務があるのは、事業計画書、予算書、貸借対照表、損益計算書、事業の実績報告書などであり、これらの書類によって議会は第三セクターをチェックすることができます。

 30株を山口氏に売却すると、市の持ち株は過半数を割るため、議会への提出義務はなくなります。

 私は「過半数は割ってもこれまでの経過を踏まえると、従来通り経営報告は求めるべきである」と質しました。

 市長は「前回の調査会(8月17日)では担当職員が従来通り提出すると答弁したが、これについては検討する」と答弁を後退させました。法的な議会への提出がなくなれば、議会と住民からの厳しい監視・監督の機能が失われます。

 また、事前に議会に何の説明もなく株の売買を取締役会で決定していることも大問題で、議会と住民軽視と言わざるを得ません。

第3セクターの設立自体は議会の議決を要しません。しかし、設立に必要な自治体の出資金は当然議会の議決事項です。市民の財産である株式を説明もなく売却することは許されません。

 

 代表取締役を変更するにあたり、山口氏の経営手腕が問われてきます。その客観的指標となるのが現在山口氏が代表を務める螢献礇好謄スの経営状況です。経営状況について質問したところ「繰越利益剰余金が3100万円、毎月の利益が100万から150万円と聞いている」との答弁で、決算書などで確認せず、聞き取りのみで済ませていることに大変驚きました。決算書などの提出を求めたところ「しばらく会社は休業しており、昨年5月から営業を再開したので決算書等はない」「山口氏が経営にあたるのであって、ジャスティスの会社ではない」と答弁がありました。客観的な資料を求め確認しないことは大きな問題です。

 きのこハウスは現在障がい者32名が就労しています。これまで多額の赤字を抱え、経営不振の際には市が幾度となく財政支援を行ってきました。それは、きのこハウスが市の障がい者雇用の大きな柱であったからです。そういった会社であるからこそ議会に対して丁寧な説明が必要であり、代表取締役の変更などについても慎重な姿勢が求められます。

 

 

  株譲渡前の持ち株割合

 

   ・益田市       427株 53.3%

   ・佐々木宗吾氏    275株 34.3%

   ・松本富士夫氏     98株 12.2%                     

 

 株譲渡後の持ち株割合

 

   ・益田市      397株 49.6%

   ・山口育美氏    358株 44.7%

   ・佐々木宗吾氏    25株 3.1%

   ・松本富士夫氏    10株 1.2%

   ・増野信政氏     10株 1.2%

終戦記念日

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 22:47

 今日は、73周年目を迎える終戦記念日です。朝から街頭宣伝に出ました。

 

 戦後73年、実際に戦場に行った戦争体験者は90歳を超えています。戦場には行かなくとも、戦争のために辛苦を経験した戦争体験者も70代後半の年齢になっています。こうした中、平和を次の世代に繋げていく取り組みが真剣に求められています。これは、私自身にも問われています。

 

 戦争はある日突然起こるものではありません。ひたひたと水面下で様々な準備をし、戦争反対を言えないようにしていく。そのような流れを私は安倍政権に感じています。秘密保護法、集団的自衛権の容認を閣議決定、その翌年に安保法制の強行採決。この後に待っているのが憲法改正です。改正といっても安倍政権にとって都合の良いように改正することですが。

 

 次の世代に平和を繋げていくためにも平和憲法を守っていきたいです。

終戦記念日

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 22:47

 今日は、73周年目を迎える終戦記念日です。朝から街頭宣伝に出ました。

 

 戦後73年、実際に戦場に行った戦争体験者は90歳を超えています。戦場には行かなくとも、戦争のために辛苦を経験した戦争体験者も70代後半の年齢になっています。こうした中、平和を次の世代に繋げていく取り組みが真剣に求められています。これは、私自身にも問われています。

 

 戦争はある日突然起こるものではありません。ひたひたと水面下で様々な準備をし、戦争反対を言えないようにしていく。そのような流れを私は安倍政権に感じています。秘密保護法、集団的自衛権の容認を閣議決定、その翌年に安保法制の強行採決。この後に待っているのが憲法改正です。改正といっても安倍政権にとって都合の良いように改正することですが。

 

 次の世代に平和を繋げていくためにも平和憲法を守っていきたいです。

核兵器廃絶・平和パネル展

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 16:37

 益田市役所玄関ロビーで、核兵器廃絶・平和パネル展を開催しています。

 

 市が主催でこうした取り組みを行うことは初めてではないでしょうか。

 

 先般、平和行進の実行委員会が益田市を訪問した際に、「益田市は非核平和宣言都市なのにも関わらず、市として具体的に平和活動に何も取り組んでいないのでは」と質問したところ、「そういわれてみると」という回答が返ってきました。そこから、話がトントン拍子で進み今回のパネル展の開催となりました。

 

 戦後73年が経つ中、実際に戦争に行った人は90歳を超えています。戦争を知らない世代が圧倒的になる中、次の世代に戦争をどう伝え平和をどう守るのか。今問われています。

 

 今回のみにならず、市が続けてこうした取り組みを開催していくよう、求めていきたいと思います。

 



 

原水爆禁止2018世界大会 

  • 2018.08.06 Monday
  • 21:45

 毎年8月6日はマイクロバスを借り、広島の平和祈念式典、原水爆禁止世界大会に益田から数十人で参加しています。今年も暑い中、朝5時に益田市を出発しました。

 

 平和公園での記念式典に出席。例年より参加者が多かったように感じました。

 会場で安倍首相があいさつを述べましたが、拍手をする人は私の周りではまばらでした。

 私も拍手はしませんでした。

 

 なぜなら、唯一の被爆国でありながら核兵器禁止条約の署名を拒否していること。6月の米朝首脳会談は、朝鮮半島の非核化が進む大きな前進が期待されるものとなりましたが、日本政府は蚊帳の外で、具体的に非核化に向けての動きを行っていないこと。また、被爆者への、認定・保証についても満足なものとなっていないこと。よくあいさつができるなと思いました。

 

 何よりも素晴らしかったのが子ども代表の平和への誓いでした。その発言を聞きながら涙が出そうでした。戦後73年、戦争体験者が少なる中、二度と同じ過ちをしないことを次の世代へつなげていくことこそ私たちの責任ではないでしょうか。

 



 

平和行進

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 21:34

 平和行進、平和集会が暑い中行われました。

 

 実行委員会が益田市に申し入れし、市長・益田市議会から8月6日に広島で開催される原水爆禁止世界大会に飾られるペナントに署名を頂きました。

 

 8月6日早朝5時に益田を出発し、広島に向かいます。

 

小中学校の教室にエアコンを

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 01:53

 猛暑が続きます。赤旗の集金にまわっていますが、どこへ行っても「暑いね〜」の一言だらけです。

 

 新日本婦人の会の皆さんが、益田市は3年計画で小中学校の教室にエアコンを設置する予定になっていますが、この猛暑、一刻も早く設置はならないかと申し入れを行いました。

 

 副市長が対応。今年は3校の基本設計を行い来年度設置の方向である。早急に設置したいと思っているが今年度前倒しは困難である。とのことでした。

 設置をする場合、学校が長期休業中でないと無理です。春休み中に設置を求めましたが予算のこともありなかなか厳しいようです。

 

 益田市の場合、全校にエアコン設置した場合5億円の予算を見込んでいます。児童の健康、快適な環境のもとで学べるよう国は教室にエアコン設置する場合の特別枠の補助金を設けるべきです。

模擬議会体験

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 21:18

 東陽中学校3年生35名が議員、執行部にわかれて、委員会審査その後の本会議と模擬議会を体験しました。

 

 あらかじめ用意されたシナリオに基づいて大会議室で一般会計補正予算の審査、その後本会議場に移り採決と生徒の皆さんは初体験にドキドキ、また慣れない用語などにとまどったのではないでしょうか。

 

 模擬議会開催の目的は投票率の低さが問題となる中、選挙権が18歳に引き下げられたのを契機に、政治に関心を持ってもらいたい。との思いでこれまで数回取り組んできました。

 

 教育長がはじめのあいさつで、「政治とは私たちの暮らしをよりよくするためのものです。」と述べられたのに、私自身改めて身が引き締められました。

 

 中学生の皆さん、大切な1票を無駄にすることなく政治に関心を持ってください。

西日本豪雨災害

  • 2018.07.09 Monday
  • 12:01

 西日本を中心に降り続いた豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 死亡者が120名を超え、今なお行方不明者が86人との報道に大変心が痛みます。

 

 この度の豪雨で益田市には甚大な被害はありませんでした。しかし、雨がさらに降り続けば益田市も被害を受けた可能性がありました。他人ごとではありません。

 

 58年の山陰豪雨で私の実家も甚大な被害を受けた経験もあり、これからの復旧作業は猛暑の中大変な作業になります。二次被害の恐れもあります。国や自治体がしっかりと被災者支援に全力で取り組むべきときです。

 

手話言語条例

  • 2018.07.08 Sunday
  • 18:14

 益田市聴覚障害者協会主催で「手話言語条例学習会」が益田市福祉センターで開催されました。

 

 午前中、講師の講演が予定されていましたが豪雨のため来益することができず、午後からの意見交換会を午前に行うことになりました。

 

 3つのグループに分かれて各テーマを決め、そのテーマが起きる原因と解決方法を出し合うという取り組みでした。私たちのグループではろう者の方が職場で手話が広がらず孤独を感じていたという発表を聞き、その原因と問題解決を出し合いました。私は手話が難しいものと感じている方が多いのではと思っていました。やはりそういった意見が多かったです。

 また、私はろう者と聴こえる人が分断されているような気がしていました。小さい時からろう者と交流を持つことが必要ではないかという意見を出したところ、義務教育の一環で手話にふれることがあれば、という意見が出され、小さい時からろう者の世界を知ることが必要ではないかと思いました。

 

 手話言語条例の制定については今後、研究していく必要があるのではと考えています。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM