全員協議会とは?

  • 2017.09.10 Sunday
  • 14:48

 読者の方から「議員は、全員協議会そのものの位置づけを勉強する必要があるのでは?」とのコメントを頂きました。ので改めて調査しました。

 

 

 従来、議員の議会活動について、法律上の位置づけは地方自治法や、地方自治法に基づく条例等によって定められていました。つまり、本会議と条例によっておくことができる常任委員会(地方自治法第109条)や議会運営委員会(同法第109条の2)、特別委員会(同法110条)がそれにあたります。

 

 ところが、地方議会においては、こうした正規の議会に至るまでの間、事務事業の調整や議会の広報広聴等多くの事実上の協議の場が設けられてきました。そうした中でも、ほとんどの議会に共通する協議の場がいわゆる「全員協議会」といわれる協議の場でした。

 

 しかし、そうした議会活動の一環である全員協議会等は、地方自治法には規定されていないので、当然法的位置づけを持った会議とは言えませんでした。

 

 そこで、平成20年の地方自治法の改正において、それまでの様々な事実上の議会活動のうち、会議規則にさだめることにより地方自治法に基づく会議として制度化することができるとされました。

 

 益田市議会においても地方自治法の改正を受けて、平成20年9月益田市議会会議規則を改正し、全員協議会・委員会調査会・議会だより編集委員会・広報広聴委員会を地方自治法に基づく協議の場として位置づけました。

 

 従って、全員協議会の位置づけは、地方自治法第100条第12項を受けた、益田市議会会議規則第160条に基づく正式な議会活動の会議といえます。

 

 また、地方自治法第100条第12項の法的効果は、従来法的根拠のない議会活動の一環である全員協議会等の法的根拠を明らかにすると同時に、出席する議員の費用弁償や公務災害、また、会議に出席する職員の根拠も明確となりました。さらに言えば、今まで法的根拠のない会議の場でともすれば重要な案件が審議されていたことにもなり、改正によってより公開性、透明性も確保されることになりました。

 

 

一般質問

  • 2017.09.04 Monday
  • 17:12

 9月定例会の私の一般質問は、9月7日(木)午前9時からです。

 

 今回は、「萩・石見空港の2便化について」「地域自治組織の取り組みについて」質問します。

 

 どなたでも議会傍聴できます。また、ケーブルテレビでも生中継されます。

 

 地域自治組織の取り組みに関して新たな方針が提案され、地域で戸惑いの声が上がっているため、特に地域自治組織に時間を取って質問します。

 

議長不信任可決

  • 2017.09.01 Friday
  • 19:54

 8月29日益田市議会定例議会が開会し、冒頭議長選挙が行われました。 地方自治法では議長・副議長の任期は4年となっていますが、益田市議会では申し合わせにより2年交代となっています。慣例により議長選挙を行う前に全員協議会が開催され、3名が議長選挙に立候補し、所信表明を行った後本会議場で投票が行われました。その結果、弘中英樹議員11票、林卓夫議員10票、安達美津子1票で、弘中議員が議長に当選しました。  

 

 その後、副議長選任に移り、議長選挙と同様に全員協議会で4人が立候補し、所信表明を行いました。通常であれば当然本会議場で投票が行われる予定でした。ところが、弘中議長は所信表明が終わった後、「立候補者4人で話し合い、調整してくれ」と発言し、そのための休憩を設けました。休憩後、再度全員協議会が開催され、立候補を表明していた久保議員、大久保議員、永見議員、河野議員の内、久保議員と大久保議員が立候補を取りやめると表明しました。私は、こうした議長の調整について、「なぜ、調整をする必要があるのか、立候補者が4人だろうが5人だろうが、そのまま選挙をすべきだ」と発言し、同様な発言が他の議員からも相次ぎました。水面下の調整は、選挙結果に影響がでてくるのは必至です。透明性のある議会運営とは到底言えません。こうした議長の不透明な発言によって、副議長選挙が行えず、議会は空転しました。    

 

 こうした事態に対し、議長不信任案が提出されました。不信任案を本会議場で審議する際、議長は除斥となるので通常は副議長が議長を務めることになりますが、副議長は空席になっているので仮議長を年長議員が行うことになります。年長議員は野村議員になりますが、野村議員は「こうした審議の議長はしたくない」と拒否。次の仮議長は議長が選任することになるのですが、だれもが拒否したため本会議が開会できない事態になりました。仮議長を拒否する理由は、議長になれば1票を投じることができなくなるからのようです。こうして議長が決まらない状態が2時間30分位続きました。時間も22時を過ぎる中、野村議員が議長を務めることを了承し、本会議が開会され、議長不信任決議案は賛成11票、反対10票で可決されました。しかし、不信任決議には法的拘束力がないため、弘中議員自らが辞任しないかぎりそのまま議長職は続くこととなりました。  

 

 私は、この不信任案に賛成しました。理由は、議長の役割は、議事進行を図るとともに、透明性のある民主的な議会運営を行うことにあるはずです。今回の議長の発言は恣意的との見方をされても仕方のないもので民主的な運営とは決して言えません。また、それにより議会が空転し、議事進行が滞る事態を招いた責任も問われます。そして、市民に対して副議長選挙の進行についてどう説明できるのでしょうか。透明性のある選挙、市民に開かれた議会とはとても言えない議事進行ではないでしょうか。 不信任案可決後、副議長選挙が行われ、永見議員11票、河野議員11票で同数のためくじ引きが行われ、結果、永見議員が当選されました。    

 

 議会基本条例に基づいた議会運営を再度肝に銘じて、議員活動をしっかり行なっていかなければいけないと痛感しました。

議会だより

  • 2017.08.21 Monday
  • 23:03

 島根県市町村議会広報研修会が、松江市のタウンプラザしまねで開催されました。

 

 私は現在、議会だより編集委員会の委員長をしております。

 

 これまで、こうした研修を積み重ねる中で市民の皆様に親しまれ、読みやすい紙面づくりに少しづつではありますが、改善してきたつもりです。

 今回の研修を受け、さらに改善しなければならない点がいくつか出てきました。予算の都合もありますが、少しでも市民の皆さんに読んでいただける紙面になるよう、編集委員会の議員の皆さんと協議していきたいと思います。

消防操法大会

  • 2017.08.20 Sunday
  • 14:22

 第61回島根県消防操法大会が、7月30日に大田市で開催されました。

 結果は、「ポンプ車の部」では都茂分団が準優勝、「小型ポンプの部」では豊川分団が優勝しました。健闘を讃えたいと思います。

 

 優勝した豊川分団は来年秋に富山県富山市で行われる全国大会に出場が決まりました。これからも訓練等が続くと思いますが、引き続き島根県の代表として頑張って下さい。

 

 実は、出場メンバーの中に私の弟がいます。5年くらい前に消防団に入ったと聞いてはいましたが、真面目に訓練に参加しているとは全く思っていませんでした。今年50歳になるのに・・・頑張れ

 

いっせい街頭宣伝日

  • 2017.08.18 Friday
  • 20:49

 日本共産党中国ブロックいっせい街頭宣伝日でした。

 

 土井、多田、幸町周辺を宣伝しました。

 

終戦記念日

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:54

 8月15日は終戦記念日です。

 この日は毎年、9条を守ろう益田鹿足連絡会の皆さんと、街頭宣伝・ビラ配りを行っています。

 

 駅前で街頭演説をした際、手を振って応援してくださる方がありました。帰省中の方に見えました。応援はやはり嬉しいものです。

 

 この時季になるとテレビで戦争に関する放映が多数あります。

 今晩は、NHKでインパール作戦について、その前には満蒙開拓団の悲劇について放映がありました。

 食料等の補給を全く考えていなかった無謀なインパール作戦。作戦遂行のためなら自国の兵士の命をも軽んじた軍上層部。インパール作戦、満蒙開拓団の悲劇に共通しているのは、戦争をすることを決め、命令する側の人達は死なない。早期撤退をする。過酷な運命をたどるのはいつも弱者・・・

 

 岐阜県の黒川開拓団は、650人で入植。戦後その内450人が無事日本に帰還できました。周囲に入植していた他の開拓団は集団自決に追い込まれる中、なぜ450人が生きて帰れたのか。真実を当事者の女性たちが証言しました。

 

 黒川開拓団も他の開拓団同様、集団自決に追い込まれます。しかし、自決ではなく生きて故郷へ帰る道を選択します。現地の人々からの襲撃から逃れるため、開拓団は侵攻してきたソ連軍に助けを求め、ソ連軍もそれに応えます。ある条件と引き換えに・・・

 その条件は女性を差し出すこと。15人の独身女性が「接待」という名のもと差し出されます。その内12人が日本の土を踏み、残された人生を持ってして証言し始めました。

 

 放送を涙なくして見られませんでした。18歳位の若い女性が開拓団のみんなのために自分たちが犠牲になればといいきかせて・・・

 

 年老いた彼女たちの貴重な証言、尊厳をかけた証言

 

 二度と同じ悲劇は繰り返してはいけないという思いの証言

 

 戦争により亡くなった方、苦難の人生を歩まざるを得なくなってしまった方、そうした方が大勢おられました。

 

 戦後という言葉が永遠に続くように平和を守っていきます。

 

懇談会

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 19:52

 私は超党派議員で構成する「益田市障がい者福祉議員連盟」に属しています。

 

 その会で今回、精神障害を抱える青年お二人と、発達障害・アスペルガーの複数の障害を抱える青年お一人から、病気の現状や行政への要望を聞く機会を設けました。

 

 会議という固い雰囲気を作りたくなかったので、古民家カフェ「小春日和」で開催しました。コーヒーや甘いものをいただきながらとてもリラックスした流れで終始進行しました。

 

 病気の発病から家族の理解までそれぞれが辿ってきた苦しい経験が話され、また、3人がそれぞれお互いの病気をよく理解していて、一人の話が足らない部分は残り2人がおぎあいながら話されたりし、当事者だからこその貴重なお話を聞くことができました。

 

 「障害者年金は受給できているが、これだけでは自立できない。仕事で自立できる賃金があれば」

 「相模原障害者施設の事件があり、ネットで犯人を支援しているメッセージがあった。弱者が安心して生きれる社会にならなければと思う」

 「障がいに対する学校教育も必要だと思う」

 「JRの利用に精神障害者には割引がないので設けてほしい」など、様々な意見が出されました。

 

 参加した議員から、今回限りにせず定期的に懇談を重ねていこうと意見があり次回を計画したいと思っています。

原水爆禁止世界大会

  • 2017.08.06 Sunday
  • 21:37

 8月6日、朝5時に合同庁舎に集合し11人でマイクロバスでいざ広島へ、平和記念式典、原水爆禁止世界大会に参加するために。

 

 平和公園は人波であふれていました。毎年来ていますが今年はいつになく人が多いように感じました。

 今年は特別な年だからでしょうか。それは、国連で核兵器禁止条約が採択された年だからです。

 唯一の被爆国日本はこの条約に背を向けました。とても恥ずかしく、怒り心頭です。想像してみてください。亡くなった人々の無念、被爆者の苦しみ。

 

 記念式典では安倍首相も式辞を述べることになっています。どのような式辞を述べるのか、やはり核兵器禁止条約については一切触れませんでした。広島県知事、広島市長、広島市議会議長、国連事務総長は言及していたのに・・・・

 会場の外では「安倍帰れ」コールが、集会とデモ行進をする人々が見られました。

 

 式典終了後、1人でリニューアルされた原爆資料館へ

 外国人の姿が多く見られました。平和の願いが世界に広がることを願います。

 

 13時より、原水爆禁止世界大会がグリーンアリーナで始まる前の、12時30分にグリーンアリーナ前で島根県の結団式が行われます。早めに昼食を済まそうと・・・しかし、暑い とても暑い

 

 原爆資料館を出てから、かき氷屋さんを道々探しました。かき氷はすぐに見つかり、今年初めてのかき氷をほおばりました。

 

 昼食はそごうの中のお好み焼屋「みっちゃん」で・・・

 

 原水爆禁止世界大会が始まります。今年は長崎が本会場になっているためか、昨年に比べると半分くらいの参加者でしょうか。

 日本共産党の志位和夫委員長の連帯の挨拶がありました。志位さんから「私たちの手で禁止条約にサインする政府をつくろう」と呼びかけがあり、会場から大きな拍手が起こりました。

 

 核兵器廃絶に日本が背を向けることは許されないことです。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

自治体学校in千葉に参加

  • 2017.07.24 Monday
  • 13:37

 自治体問題研究所の参加は久しぶりでした。開催場所にもよりますが3泊4日という期間が必要となるため、調査会や様々な委員会と重なり、なかなか参加できませんでした。

 

 2日目の分科会では現地企画として「地産池消で地域おこしの里を訪ねる」動く分科会を選択。

 なぜなら鋸南町の「道の駅 保田小」を視察する予定があったからです。

 

 益田市では道の駅整備事業が検討されており、自分なりに近辺の道の駅の経営状況を調査したところ、多額の指定管理料を受けながらも赤字経営でした。道の駅が交流人口を図り、地域経済の活性化に繋がるのか千葉県の道の駅でしたが、小学校の廃校を利用した特化された道の駅だったため、大変興味を持ちました。

 

 「道の駅 保田小」は、2014年、学校としての役目を終え、道の駅として再整備されました。体育館を使った直売所、教室を利用しての宿泊施設、温浴施設、食堂などを経営しています。

 蟠ξメンテナンスが5年間の指定管理を受け、3年目までは指定管理料を受けるが4年目からは指定管理料なしで自立する契約になっています。

 鋸南町は人口8千人の町ですが、道の駅は高速道路のインターがすぐそばにあり、利便性がかなり高いのではと思いました。

 

 駅長とは言わず、学校長と言うそうですが・・・大塚学校長さんから説明を頂きました。

 28年度のレジ通過が30万人なので複数での来客と見込むと60万人が訪れている計算になるそうです。年間売り上げが6億円。整備にあたっては早稲田大学等の学生とジョイントし、様々なところで学生のアイディアが活かされているとのこと。

 整備費には12億円が係り、2002年に整備された「いたこ道の駅」の事業費と変わらないそうです。理由は、学校をリノベーションするため、従来の学校の良さを活かそうと思えば新築同様の事業費がかかってしまう。しかし、学校を再整備することが特化された道の駅になり、魅力化されることになるそうです。新築では意味がない。

 

 オリジナル商品やネットを使っての発信など工夫しているが、指定管理料がなく自立の経営はなかなか難しいと言われていました。また、これからの道の駅は他にない特化された特徴を持っていないと経営は難しいだろうとも言われていました。

 

 道の駅保田小が目指しているのは、道の駅の事業だけでなく、道の駅を通して流入人口を増やし、そして就農人口を増やしたりして、鋸南町に居住する人を増やすことにあるそうです。その道のりは容易なものではないが挑戦していきたいと学校長が言われていました。

 

 益田市の現状は道の駅を整備することが目的で、その先が見えてきません。議会でも慎重に審議しなければならないと思っています。
オリジナル商品のお土産
下駄箱を活用した陳列棚

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM